ソフト選び

粘土のメールアイコンと人形

現在では、コンテンツの享受者でしかなかった一般ユーザーがあらゆるコンテンツを作成し発信できるようになりました。製作環境の確保が容易になったことや、公開コストが無料になったことが、それまで一般ユーザーのコンテンツ作成における障害を取り除き、今日では非常に自由度の高い製作環境が整っています。今日ではそれまで専門の技術者しか行えないとされていた映像制作も一般ユーザーの手元にあり、それも以前までの映像制作とは異なり、非常に高度な編集を用いた映像制作が可能になっています。加えて、インターネット上では現役の映像制作者が映像の編集方法についてたくさんの解説を試みており、初心者はそれらの情報を見るだけで逐次問題を解決することができます。

今日の映像制作ソフトは非常に多様化しており、初心者をターゲットとしたものからプロ用のものまでは市販販売されています。こうしたものの価格帯は必ずしも値段に相当するものではなく、高価なものが高機能とは限りません。というのも、ソフトウェアによって得意な編集が異なるため、目的と異なる分野の編集を得意とするソフトウェアを選んでも使い物になりません。そのため、映像編集のソフトウェアの購入を検討する場合は、まずその多機能性を重視することが大切です。その後に映像編集に慣れ、特定の編集方法に目的が適応しているか否かという事が判断できるようになったところで、そうした専門的な編集を収録した編集ソフトの購入を決定するのが最も良い購入法です。