かかる費用と歴史

広告をチェックする

テレマーケティングは、電話を使ってセールスを行う方法のことです。テレマーケティングといっても、こちらから電話を掛けて営業を行うアウトバウンド業務と、チラシや宣伝広告などで案内した電話番号に掛かってくる電話に対して対応するインバウンド業務があります。一般に馴染みがあるのはインバウンド業務であり、一般にお客様センターとも呼ばれます。 これらテレマーケティングはアウトソーシングされるのが一般的で、それぞれテレマーケティングを専門に行う会社が存在しており、各業種の企業からの業務を委託され行っています。これはテレマーケティングに掛かる費用に大量の人件費のほか設備が必要であるためで、自社で保有するよりもアウトソーシングする方が有利なためです。

テレマーケティングは電話が一般的になった時代に自然と始まったものです。アメリカでは1960年代に始まったとされており、日本では1980年代が黎明期とされています。またテレマーケティングの規模が小さい場合には自社で運用するのが一般的でしたが、次第に規模が大きくなると専業に行うテレマーケティング会社も登場するようになります。特にこの当時は電話回線を敷くためには多額の費用が掛かったことも大きく影響しています。一方で、1980年代後半には通話料が相手持ちのフリーダイヤルが導入されると、より盛んになります。この当時は、まだインバウンド業務が中心でしたが、1990年代に入るとより効果的なアウトバウンド業務が行われるようになり、現在に至ります。